生産効率を上げて大量受注に対応できるようにしたい

ユーザー様

アルミ建材加工会社様

オフィス家具や建材建具を加工されているメーカー様。
主にアルミ型材の鋭角切断を行っています。

お悩み

既存の生産力では大量受注に対応できない

大きいアルミ型材の鋭角切断を行う機械が無い為、汎用切断機とハンド加工にて時間を掛けて切断されていました。その為、大量受注が入ると生産能力に限界あり、生産現場を圧迫していました。
ある時、当社の切断とマシニング加工ができる機械があることを知り、検討をご依頼されました。

ご提案

マシニング加工と切断加工を1台で行う機械を提案

そこでノコ付き長尺加工機FB6000-12ATC-Cを提案しました。
本機にはドリル・ミーリング用の主軸と、切断用の旋回ノコ軸の2軸を搭載しておりマシニング加工と切断加工を1台の機械で行う事ができます。
旋回ノコ軸は材料端部の複雑なカット(ホゾ加工)や、あらゆる角度での切断が可能となっています。

効果

加工時間が半分になり加工精度も向上

一連の作業工程が自動化になったことで作業工程が短縮され、それによって加工時間がそれまでの半分になり、人の作業から機械の作業へ以降したことで加工精度も向上し且つ精度のばらつきもなくなりました。

数値で見る作業時間の効率化例

今回のご提案機種はこちら

■ FB6000-12ATC-C

・通常のATCヘッドと±180°旋回のノコヘッドを搭載

・穴あけ、ミーリングから角度切断まで一台で加工

・フルカバーなので切粉の飛散を防止

・ストロークやその他仕様はお客様のご要望をお伺い致します

・対話メニュー標準搭載で操作簡単